さいおうがうま
どうでもいいような事の中に小さな発見や喜びを見つけよう。苦しいときにはいつもより前向きに考えよう。人間万事塞翁が馬。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンダのお土産
20080930170204

上海のお土産にもらったパンダのブックマーク。可愛いけれど、実用的ではないんだな。

スポンサーサイト
瀬戸内産真鯛の鍋
20080929165732

友人のKちゃんYちゃん夫婦の新居にお邪魔して、昼間からたこ焼きを焼きながらビールを飲んでいるうちに、いつの間にか日が暮れて…という贅沢な休日を過ごした昨日。夜は「鯛しゃぶ」のお楽しみがあった。
朝から釣りに出掛けていたNさん、ではなく、同行の仲間が釣り上げたという真鯛が夕方到着。昆布とアラの出汁に、鯛の切り身をサッとくぐらせて頂く。
絶品…。
こんな食べ方は初めてだ。もちろんアラも野菜も綺麗に平らげ、最後の雑炊で締め。

たこ焼き初体験
20080929092427

友人宅にお邪魔した。昼間からビール片手にたこ焼き作り。
なかなか上手くひっくり返せなくて戸惑っていたら、見かねたのか、「ちょっと貸して」と、Tちゃん。器用に大胆にクルクルと丸めていく。「おおーっ!プロっぽい!」と、一同感嘆。子供の頃には毎週末という程たこ焼きを焼いていたという。
生地の固さや具の量を調整していくうちに、絶品たこ焼きの出来上がり。
「ちょっと、これって相当旨いよ」、「絶対たこ焼き屋開けるわ」と、幸せな日曜日。

秋の風景
20080926213816
>
お彼岸が過ぎると涼しくなる。今朝の雨が上がって風が変わった。
畦道には赤い彼岸花、山にはススキ。そんな田舎の風景を思い浮かべながら、花屋でススキを購入。一本が百円もした。仕方ないか。ついでにリンドウも添えて、秋の風景。

晩ごはん
20080926110312

「いやあ、これはいい。いいのが手に入ったわ」。って、わざわざ電話いただき、N大将の店へ。
まったく、渡り蟹ぶら下げたら、ホイホイ釣られるって思ってるのかしら、困ったもんだわ。

ひとりごと
20080924190505

なんで引き分けまで足並み揃えるかなあ。今日は頼むよ、阪神タイガース。
功夫扇スタート
20080922213235

週に一度の太極拳の日。今日から「功夫扇」を使うという。派手な音を立てる大きな扇で、音楽に合わせて演技する。
基本さえさっぱり出来ていないのに、大丈夫か?

「20世紀少年」
20080921222100

映画「20世紀少年」を観た。コミックに勝る作品は期待出来ないと思っていたが、「キャスティングがなかなかハマってんじゃないの」、「3部作?そりゃ、あれだけのストーリーは2時間やそこらじゃ無理だわ」と考えているうちに、心待ちにしていたのだ。
で、率直に面白かった。かなりはしょっていたし、やり過ぎだと思うシーンもあったが、それはコミックと比較しているからだろう。
次が待ち遠しいな。

晩ごはん
20080920103422

直接対決真っ只中、久々にSの字の店へ。
「牛さがりのステーキ」。「さがり」はハラミのことだって、知らなかった。
阪神2点差に泣く。

何事もなく
20080919164911

心配していた台風13号は、ここら辺りに被害を及ぼすことなく、遠ざかっていったようだ。
そういえば今年は台風が来ていない気がする。暴風を警戒して鉢植えを取り込んだりしていない。
あ、まだこれからか。


明太子づくし
20080918211103

博多土産の「明太子のわさび漬け」、「白菜と明太子の漬物」、「高菜の明太子和え」。
特に白菜、旨い~!みずみずしい~!ごはんに良し、酒の肴にはもっと良し。

ゴルフバー初体験
博多の夜の続き。
フラフラ歩いていたら、ビルの看板に、「GOLF BAR」とある。これはちょっと行ってみるしかないでしょー!と、酔った勢いで入店。



ダーツやビリヤードもあって、大人が遊べるバーという雰囲気を醸している感じだ。しかし、客は他に一組も居なかった。



クラブはテーラーメイドのバーナー?だったと思う。9ホールを1時間ほどでラウンド。もちろん酔っているので滅茶苦茶だが、それなりに楽しめた。トップすれば、画面の中でもグリーン奥へこぼれるし、よく出来たものだ。
ハーフが終わる頃には客が増えていた。「朝6時まで営業」と書いてあったので、スタートが遅いのかも。

屋台の街、博多


昨夜は博多泊。初めて中州、那珂川沿いの屋台へ出掛けた。
春吉橋という橋から川沿いの歩道に、20軒近くの屋台が並んでいて、どの屋台も大盛況。他にも屋台が建ち並ぶ地区がいくつもあるとか。



串焼き、旬の魚も扱っているという一軒に座った。丸椅子に目一杯詰め込まれた客で常に満席。夜とはいえまだかなり蒸し暑い。決して居心地がいい訳ではないのに、まるでお祭りのような活気に満ちている。これが毎晩なんだろうか。さすが屋台の街だ。

芦屋基地でのブルーインパルス


遠賀川駅から芦屋基地までシャトルバスで約10分。と、順調に行くわけもなく、途中から渋滞に巻き込まれた。それでも美保基地と比べれば混雑は少なく、30分もかからず到着したように思う。どこかのんびりした雰囲気が漂う航空祭である。

20080915193233

広い基地の中を歩き、ブルーインパルスが駐機しているのを見つけて近付いていったら、いきなり山口2佐の姿が飛び込んできた。
え、えーっ!!!そんな、山口隊長、心の準備が出来てないよ!
憧れの隊長の姿にドキドキしながらサイン会の列に並び、しっかりサインも握手もしてもらった。「今日は楽しんでいってくださいね」と隊長。これでほとんど満足。

20080915193236

芦屋には中等練習機T-4、ブルーインパルスの塗装を赤くした、通称レッドドルフィンがたくさん。格納庫の左側に駐機しているだけでも16機。なかなか壮観である。

20080915193238

地上展示してあるレッドドルフィンは、試乗体験出来るものもあったが、あまりの行列に断念。別の機体のコックピット内部を見学する。想像以上に狭い。そして計器の多さ、細かさには驚くばかりだ。

20080915193240

天候は曇り、台風13号の影響も心配だったのだが、午後からはやや回復。ここ最近天候に恵まれていない航空祭が続いていたことを思えば上々だった。9月だからと油断していたな、かなり日焼けしてしまった。
今回は、ブルーインパルスの演技はもちろん、ウォークダウンからウォークバックまですべてを観ることができた。終了後、ライダーたちは観客の拍手と声援に応えて、再びサイン攻めにあっていた。およそ想像も出来ないハードな飛行の直後、冗談も交えて笑顔で応える彼らは、どこまで強靭なんだろう。その強靭さが観る者を魅了するのかな。

芦屋基地へ出発
20080914172447

朝6時半、九州へ向けて出発。待ちに待った芦屋基地航空祭へ。

20080914172451

小倉から在来線に乗り換え、遠賀川駅まで約30分。何だか駅舎はレトロな雰囲気で、のんびりした感じだ。
ここからシャトルバスに乗って約10分、航空自衛隊芦屋基地に到着する。
続きはまた後で…。

晩ごはん
20080913142824

「海老ととうもろこしのかき揚げ」。

20080913142827

「かわはぎの煮付け」。
お造りか煮付けか迷ったが、うーん、やっぱり煮付けは外せないのだ。うーん、やっぱり両方食べれば良かった。

萩の花が咲き始める


大好きな「萩」の花が咲き始めた。
今年はあまりにも勢いよく枝が伸びたので、梅雨が明ける前に半分ほどに切ってみた。それでも枝分かれしながら例年並に伸びた。しかし、どうも花芽が少ないような気がする。
隣のたばこ店のTさんが、「途中で切ってたでしょ」。
はい。
「切る時期ってものがあるのよ」。
あ、はい。
「紫式部も切ったでしょ」。
...はい。

ちゃんと聞いてからにしよう。

また勝っちゃったわ
20080911224548

阪神またもサヨナラ勝ち。
強いときは強いのよ。

不思議な仕組み


勤務先の裏手の倉庫脇に山積みされているのは廃棄物、金属が中心の不燃ゴミである。これだけ溜まったら、そろそろトラックに積み込んで処理場へ運び、わずかとはいえ手数料を払って廃棄処分してもらう。
というのは以前までの話。今は産廃業者がやって来て、金属も木片もコンクリート片も何もかもごっそり持って行ってくれて、しかも結構な金額を払ってくれるのだ。
家電をはじめ、家庭で出る粗大ゴミもそうだ。ゴミを捨てるのに費用がかかるようになり、一方で、何でも引き取ってくれて、その上お金を払ってくれる業者も存在する。
不思議に思う仕組みのひとつ。

「モヤモヤ」蔓延中


元仕事仲間であり妹分のTちゃんと晩ごはん。会った途端、「この間電話したのにぃ~」。そういえば数日前、夜中に着信があったな。
どんな業界でもストレスは付きもののようで、職場の上司や同僚との折り合いなど、モヤモヤが溜まっていたようだ。
ここ最近、数人の友人から公私に渡る「モヤモヤ」の相談?みたいな話を聞いている。ほとんど解決策など提案できるわけもないのだが、解決しなくてもいいということも解っている。つもり。
何が正しいかなんて、答えはひとつではないから。私自身、「モヤモヤ」を聞いてもらえさえすれば、割と気が楽になるからだ。
プラス、美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲めば、明日も頑張ろうと思うものだ。

「呉式太極拳」


太極拳を始めた。春頃一度体験していたが、その後急用などで時間がとれない日が続き、そうこうしていたら夏バテ気味になったりして、気候が良くなったら行こうと思っていた。
底の平らな靴、動きやすいジャージ、Tシャツはすでに何ヶ月も前から準備済み。気合を入れてカルチャースクールへ。
受講生はほとんどがベテラン揃いで、一番の新人さんは4月から通っているという女性1人だけ。「大丈夫よ。他の人の真似でいいね」と、美人で明るい王先生。
見様見真似で鏡の前で動き始めた。動作はゆっくりなので、始めの準備体操のような時には何とか付いていけた。
20分ほど経過した頃、「あっ!あっ!つ、つるっ!」。脚の付け根あたりが引き攣り始めてしゃがみ込んでしまった。「ははははっ!無理しない、無理しない」と、先生は大笑い、他の受講生たちは失笑。
う、情けない。

その後もみっちり1時間。だんだん付いていけなくなり、足と手が逆、右手と左手が逆、つま先と踵が逆...。こんなに難しかったかなあ。これじゃまず基本を覚えるのが大変だ。

あっという間に時間は過ぎた。最後の方は、滑らかどころかギクシャクしていたのが自分でもわかった。こりゃモノになるのはいつのことやら、とガックリしていると、「最初は仕方ないよ。最後のは一番難しいヤツだし」と、優しい受講生の先輩に励まさた。「大丈夫、3年もすれば覚えられるから」。

....。

果たして、いつまで続くのでしょうか。

今日だけ助っ人


日曜日、人手が足らなくなったので、久しぶりに現場に出動した。飲食店での接客云々だ。
役に立ったかどうかはともかく、やっぱり最前線はやり甲斐がある。
毎日は無理だけど。体力的に無理だけど。

「ハンコック」
20080906185113

ウィル・スミス主演の映画、「ハンコック」を観た。
実はあまり期待していなかったのだが、予想以上に面白かった。「ここはもう少し丁寧に展開してもいいのに」と、思うほどテンポ良く進み、退屈なシーンも無かった。
手加減を知らない嫌われ者のスーパーヒーロー、ハンコックは、営業マンのレイの説得で、あっさりと「皆に愛されるヒーロー」を目指して努力を始める。
「そんなに簡単に言う事聞くかあ?」と思ったが、彼は本当は孤独で寂しくて、レイの言葉が嬉しくて仕方なかったのだ。粗暴な言動の中で、時折見せる表情が何とも切ない。

それにしても後半の展開は予想外。「え?えーっ!?そうなん!?」。結構びっくりなのだ。
もう一言、シャーリーズ・セロンは美しい!

昼ごはん
20080905181253

「しそ梅そば」。わさびをたっぷり溶かし入れて。

晩ごはん


「胡瓜のピリカラ酢漬け」。パリパリの食感も気に入って「おかわり!」。
奥は好物の「渡り蟹」。あぁ、今夜もまた頼んでしまった。



「牛すね肉の煮込み」。箸で崩れるほど柔らかく煮込んである。



この秋、初物の「二十世紀梨」。甘いだけでなく、芯のまわりの酸味がいい。

夕暮れの西の空
20080903200438

午後7時、遠い西の彼方まで雲が広がっている。二分されたような奇妙な空。

おねだり攻撃


チーズに添えられたドライフルーツ「いちじく」。

世の中には様々な人間がいるもので、自分の尺度で勝手に「変わった人だなあ」と感じたりするのだが、昨夜バーのカウンターで、隣に座っていた20代の女性も変わったコだった。
彼女も一人でお酒を飲んでいたのだが、私のワインを見て、「うわあ、綺麗な色ですねー。美味しそう...」と言うので、「良かったら一杯どうぞ」と、お裾分けしてあげた。
飲めるクチらしく、グイグイっと飲んで、「美味しい!もう一杯だけいいですかぁ?」と言うので、あら、厚かましいわね、と思いながらも、「どうぞ、どうぞ」ともう一杯。
そのうちワインは空き、私は物足りなかったのでもう一本頼んだ。「わー、イタリア産?へえ、それも美味しそう...」。

結局彼女はおねだり攻撃で5杯飲んだ。6杯目は店長に窘められて諦めたのだ。
いやはや、生命力の強いお方...。

意味不明
20080902175448

まったく、なんなんだよ。逃げりゃいいのか?
晩ごはん


気が付けば9月。そこここに秋の気配。幾分過ごしやすく...。
なってるか?相変わらず厳しい残暑だ。
「よか渡り蟹が入荷しておりまするぅ」と、Tちゃんからメール。それでももうそんな時期なのね。


copyright © 2005 さいおうがうま all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。